トップへ戻る
「中国の知識人と近代日本」
[ 教養、文化、芸術 ]

[ 教養、文化、芸術 ]
「中国の知識人と近代日本」
近代日本に留学してきた中国の知識人魯迅、郭沫若、陶晶孫らを紹介して、彼らが日本で体験したさまざまなことを、彼らが後に書いた作品や書簡を通して読み取る。「藤野先生」に込められた仙台に対する魯迅の思い、藤野先生から学んだものを紹介する。また郭沫若の岡山六高、九州大学留学を紹介し、『桜花書簡』『女神』を通して、彼が日本をどのように見、何を学んだかを読み取る。近代日中交流の一端を見ていく。
表示期間  2009年07月07日 ~
※教材は別ウィンドウで開きます。
講座詳細  
ジャンル 国士舘大学
講師 国士舘大学文学部 藤田 梨那 教授
先生の紹介

講座回数 1
開講期間 2009年07月07日 ~ 2018年03月31日
申込期間 2009年06月29日 ~ 2018年03月31日
受講料 無料
スケジュール 第1回:日本留学ブームに乗った中国の青年達―魯迅、郭沫若など
第2回:魯迅と「藤野先生」
第3回:郭沫若が見た日本
第4回:郭沫若の九州大学留学と『女神』
備考 【制作】国士舘大学
※この講座は国士舘大学の著作物として登録されており、複製・持ち出し等はご遠慮下さい。