トップへ戻る
講座検索・並び替え
並び替え テーマ別 | 新着順 | 申込の締切りに近い順 キーワード   テーマ     ジャンル   期間     受講料    
講座一覧   *** 21件 が該当しました。
1件~21件を表示
 食、生活、子育て 
講座名
「発酵食品には魅力がいっぱい科学がいっぱい」
[ 食、生活、子育て ]
講師
東京農業大学 中西載慶 名誉教授
申込期間
2012年11月01日 ~ 2017年03月31日
講座概要
発酵食品とは何か?いつどこで、どのように生まれたか?どんな微生物がどんな働きをしているのか?発酵食品から生まれた新しい発想とは?発酵食品に関する微生物研究の基礎から最新のバイオテクノロジー技術までを楽しく、やさしく解説します。
受講料
無料
講座名
子どもの勉強に役立つ!インド式勉強法の秘訣
[ 食、生活、子育て ]
講師
ニヤンタ・デシュパンテ(Niyanta Deshpande)
申込期間
2009年10月19日 ~ 2017年03月31日
講座概要
親子で楽しめる計算のコツを通じて数学のすばらしい世界を旅し”発見の楽しさ”に触れます。もう1つ、語学についてもお話します。日本は教育水準が極めて高いのに、英語が堪能な人が少ないのは残念なことです。インド人のほとんどが中学校で初めて英語に触れるのですが、上達は明らかに違います。その原因はインドの「指導方法」と「勉強のコツ」にあったのです!インド人の考え方、哲学にふれながら計算力、語学力を伸ばすヒントになるお話。
受講料
無料
講座名
農楽入門「お酒との付き合い方」
[ 食、生活、子育て ]
講師
東京農業大学醸造学科 穂坂賢 教授
東京農業大学生産環境工学科 田島淳 教授
申込期間
2008年11月25日 ~ 2017年03月31日
講座概要
この講座は「アルコールの効用の紹介」から「アルコールの代謝(分解)」さらには、「酔いのメカニズムと進行」などを化学的メカニズムに交えながらやさしく学習します。特に、若い世代の人たちには、実際にお酒を飲む上で「相手を気遣うお酒の飲み方」を実践していただきたい。そのためにも「酔いのメカニズム」を理解し、各人がモラルを持ったより良いお酒の付き合い方を学習していきます。
受講料
無料
講座名
カウンセリングを受けるということ
[ 食、生活、子育て ]
講師
駒澤大学文学部心理学科 八巻 秀教授
申込期間
2011年02月16日 ~ 2018年03月31日
講座概要
近年の社会情勢の中で、ストレスによって心身の問題や心の悩みなどを抱えた方が多く見られるようになっているというのはよく耳にします。こうした問題を抱えたときに”カウンセリング”を受けるということもまた耳にしたことはありませんか?身体の病気に対して専門家がいるように、心の問題に対しての専門家(カウンセラー)がいるのです。では、実際にカウンセリングってどんなことをしているのかということは想像できますか?巷では「○○カウンセリング」「△△カウンセリング」と色々なカウンセリングを聞きますが、心の問題に対してのカウンセリングとはどんなものでしょうか。本講座では、こうした心の問題を扱っているカウンセリングの世界について受講下さる皆様にご紹介し、カウンセリングの世界に触れて頂ければと思います。
受講料
無料
講座名
賢い親の上手な学校とのつきあい方
[ 食、生活、子育て ]
講師
昭和女子大学人間社会学部 鈴木 円 准教授
申込期間
2010年06月02日 ~ 2017年03月31日
講座概要
昨今、学校や教師の問題が取沙汰され、親も子も学校を批判的にみる傾向が強まっています。 逆に、モンスターペアレンツという言葉を気にして、親が学校に話を持っていきにくいという声も聞きます。学校と賢く上手につきあうためには、学校という組織の特徴をつかむ必要があります。我が子をよりよく育てるために、父親、母親は、それぞれどのような役割を果たし、学校のどこを見て、どう学校にアプローチすればよいのかを考えます。
受講料
無料
講座名
患者さんにわかりやすい(^o^) ~「放射線科」でおこなう検査や治療のA・B・C
[ 食、生活、子育て ]
講師
駒澤大学医療健康科学部 奥山康男准教授
申込期間
2009年02月01日 ~ 2017年03月31日
講座概要
 病院へ診察しに行くと必ずといっていいほど「血液」や「尿」、そして「エックス線」検査を医師から指示されます。子供のころから何のためらいもなく受けてきた、あの「息を吸って~・・・止めて!」という不安と緊張の写真撮影です。現代医学では”エックス線なくして医学なし”といわれていますが専門的にいえばエックス線は「放射線」の1つであり、他の放射線も使って患者さんの診療にあたるところが放射線科なのです。では、放射線科とは、実際にどの様なことをしているのか…みなさんご存知ですか?なぜ放射線でがんを治すのか。放射線は怖くないのか。少しでも放射線医学の姿がみなさんに理解していただけることを願って分かりやすく説明致します。
受講料
無料
講座名
【かんたん解説】・・・骨粗鬆(こつそしょう)症
[ 食、生活、子育て ]
講師
駒澤大学医療健康科学部 奥山康男 准教授
申込期間
2010年05月10日 ~ 2017年03月31日
講座概要
ヒトの骨は年齢とともに骨量(無機質:ミネラルの量)が少なくなり、最終的には乾燥したヘチマや軽石の断面の様にスカスカになってもろくなります。骨量は骨密度ともいいますが、その少なくなる現象は単なる老化か、それとも病気かという議論がされてきましたが、最近では「骨粗鬆症は骨量が減少し、そのため骨がもろくなり骨折しやすくなった病態」と定義され、病気としてとらえられるようになりました。 私たちの骨は20代~30代にかけて最も丈夫になりますが、年齢とともに骨量は減少し80歳近くになると若い時と比べて男性で約30%、女性は約40%も骨量が少なくなるといわれてます。 今回、骨粗鬆症の原因から骨量測定の方法、予防方などについて分かりやすく、かんたんに説明いたします。
受講料
無料
講座名
きのこの不思議
[ 食、生活、子育て ]
講師
東京農業大学 本間裕人 助教
申込期間
2010年09月27日 ~ 2017年03月31日
講座概要
きのこ類は微生物でありながら、特殊な生態、性質を有しており、農学系の学生であってもあまり詳しいことは知らないことが多い。そこで、本講座では、きのこ類の特殊な生態とその魅力について、トピックスを中心に解説していく。
受講料
無料
講座名
健康な体を育む心得
[ 食、生活、子育て ]
講師
国士舘大学体育学部 須藤明治教授
申込期間
2008年01月01日 ~ 2017年03月31日
講座概要
日本の人口構成から65歳以上の割合は、21%となり少子高齢化が進んでいる。一方、それに伴って、医療費も年々増加し1999年では30兆円を超えている。世界的には、平均寿命も健康寿命も世界一であるが、これからの医療費の伸びを押さえる必要がある。また、日本における死亡率において、最も高いのがガン(30.1%)、次に高いのが心疾患(16.0%)、脳血管疾患(12.3%)であり、全体の60%を超えている。更に、これらの疾患に高血圧関連、糖尿病関連を加えた医療費は、合計で7兆円を超えている。そこで、予防医学的なデータを解説し、健康な体を育むための運動プログラム及びその心得を紹介する。
受講料
無料
講座名
子どもと言葉 -子どもが英語とふれあうとき-
[ 食、生活、子育て ]
講師
昭和女子大学附属昭和小学校 小泉 清裕 校長
申込期間
2008年02月15日 ~ 2017年03月31日
講座概要
言葉を覚えること、そして言葉をつかうことはとても楽しいことです。子どもたちはそのことを無意識のうちに理解しています。子どもたちが言葉を習得する楽しみを、みんなでもう一度体験してみましょう。そして英語教育の中で、子どもたちにとって何か大切か考えてみましょう。
受講料
無料
講座名
ご飯のおいしさに迫る!
[ 食、生活、子育て ]
講師
東京農業大学 高野 克己 学長
申込期間
2011年02月15日 ~ 2017年03月31日
講座概要
ご飯のおいしさに迫る! 官能評価的・食品科学的見地から解説。 さらに普段の生活にも役立つノウハウも伝授。
受講料
無料
講座名
「ことわざに学ぶ~錆びない生き方~」
[ 食、生活、子育て ]
講師
南雲 吉則(なぐも よしのり)医学博士・ナグモクリニック総院長
申込期間
2010年01月29日 ~ 2017年03月31日
講座概要
日本には日本人の身体にあったアンチエイジングがあります。私は医師として病気や予防に関わってきましたが、お年寄りの知恵、言い伝え古くからの習慣の多くが理にかなった不老長寿であることを医学的、栄養学的、生物化学的手法によって一つ一つ解明してきました。日本の母親達が伝承してきた健康法を基に、子どもの食育やアレルギーの予防、家族の老化・病気に負けない身体づくりをはじめましょう。
受講料
無料
講座名
「食の大切さを感じ生活の中で実践していく子供達を育てる」~食育の目指すもの~
[ 食、生活、子育て ]
講師
東京農業大学短期大学部 古庄 律 教授
申込期間
2008年01月01日 ~ 2018年03月31日
講座概要
近年、教育現場をはじめとして、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどあらゆるジャンルのマスメディアで「食育」が取り上げられ、「食育」は社会現象の一つでもある。しかし、「食育」は「いつ頃」、「誰が」、「どこで」、「何を目的に」、「誰を対照に」、そして「どのように」実施していくべきかという問いに対して明確に示された「答え」と「方法論」は示されていないまま見切り発車的に教育現場に持ち込まれている感も強い。この講座では、「食育とは何か」、「食育の必要性」、「食育をどのように展開するか」の三つを柱として、具体的な取り組み例を挙げながら解説し、日本の社会における「食育」のあり方について考えていく。
受講料
無料
講座名
「食の大切さを感じ生活の中で実践していく子供達を育てる」~食育の目指すもの~ 2
[ 食、生活、子育て ]
講師
東京農業大学 古庄 律 教授
申込期間
2009年01月01日 ~ 2017年03月31日
講座概要
近年、教育現場をはじめとして、新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどあらゆるジャンルのマスメディアで「食育」が取り上げられ、「食育」は社会現象の一つでもある。しかし、「食育」は「いつ頃」、「誰が」、「どこで」、「何を目的に」、「誰を対照に」、そして「どのように」実施していくべきかという問いに対して明確に示された「答え」と「方法論」は示されていないまま見切り発車的に教育現場に持ち込まれている感も強い。この講座では、「食育とは何か」、「食育の必要性」、「食育をどのように展開するか」の三つを柱として、具体的な取り組み例を挙げながら解説し、日本の社会における「食育」のあり方について考えていく。
受講料
無料
講座名
男女共同参画社会における男の子 ・ 女の子の育て方
[ 食、生活、子育て ]
講師
昭和女子大学 坂東眞理子学長
申込期間
2008年03月25日 ~ 2017年03月20日
講座概要
21世紀の男女共同参画社会においては、学校も家庭も職場も変わり、個人の生き方も変わってくる。この中で、子供たちをどのように育てることが求められているのか、豊かで幸せな人生を生きる人間として育てるためのアイデア・知恵を考える。
受講料
無料
講座名
農楽入門「日本型食生活を支える醤油の力」
[ 食、生活、子育て ]
講師
東京農業大学 舘 博 教授
申込期間
2008年11月25日 ~ 2017年03月31日
講座概要
昔から、日本型食生活を支えているのは醤油である。しかし、昨今の日本人は、食生活の乱れや食の欧米化が進んでおり、一番身近な調味料である醤油のことをよく知らない、醤油の主原料は大豆、小麦、塩であり、麹菌、乳酸菌、酵母による複雑な発酵過程を経て生成される調味料である。味についても実に複雑で、大豆のアミノ酸による旨味、小麦の糖による甘み、アルコールやバニリン等の香気成分による香りなどの特長を持ち、昨今の話題の昨日性物質が豊富である。また、製造方法、原料、特徴などから「こいくち」「うすくち」「たまり」「さいしこみ」「しろ」の5種類が分類されている。この講座では、日本人にマッチした日本食を醤油という素晴らしい調味料を理解し使用することで健康的な食生活を送る一助にしていただきたい。
受講料
無料
講座名
「日本の食料問題を考える」
[ 食、生活、子育て ]
講師
東京農業大学 高野 克己 学長
申込期間
2011年05月20日 ~ 2017年03月31日
講座概要
農業生産が減っている。米の消費が減っている。日本人1人あたりの米の年間消費量はピーク時の1935年で135キロだったものが1998年で65キロになり、年々減り続けている。農業従事者もピーク時は1200万人だったが、現在は200万人に減少し、年齢で見ると65歳以上の農業従事者がもっとも多い。現在、日本の食料自給率は40%まで落ち込んでいるが今後どうなっていくのか、私たちはどうすれば良いのか?本当の食料問題は何なのか?食料生産、自給率、食料摂取、食の安全などの問題を食品を作る、研究する立場から考えてみました。
受講料
無料
講座名
味噌を家庭で仕込む 2014年版
[ 食、生活、子育て ]
講師
東京農業大学醸造科学科助教 東 和男
申込期間
~ 2018年03月31日
講座概要
日本は南北に細長い国で、各地の気候と共に農作物も異なり、更に地域の風土、習慣に基づく食生活の差異が、その地で生産消費される醸造物に特徴をもたらします。醸造物は食品衛生事故が皆無の食品です。醸造とは微生物を用い、開放された自然のもとで安全な食品造りを可能とした技術です。本講座では、調味料の側面から醸造理論を理解すると同時に微生物を利用した穀類の食品加工の代表として味噌を学んでいきます。
受講料
無料
講座名
未利用資源を利用した飲料・食品の開発
[ 食、生活、子育て ]
講師
東京農業大学短期大学部醸造学科 穂坂 賢教授
申込期間
2014年08月26日 ~ 2018年03月31日
講座概要
資源の有効利用を考えた時、農産物や食品ゴミとして処理されているものの中には、未だ多くの資源があると思われます。エネルギーに利用できるもの、食品に利用できるものなど、利用の仕方によっては、有効に活用できると思います。また、利用の仕方によっては地域振興にも取り組めるものもあります。そこで未利用資源を有効に活用し、飲料や食品への開発について、研究事例を挙げ話しをします。
受講料
無料
講座名
農楽入門「食べる」ことと「生きる」こと-栄養化学を”ロバストネス”から考える-
[ 食、生活、子育て ]
講師
東京農業大学応用生物科学部 小林謙一助教
申込期間
2009年08月06日 ~ 2017年03月31日
講座概要
「食べる」ことの意味(いみ)を考えたことがあるでしょうか?本講座では、そんな素朴な疑問を答えるために、「生命の定義」から始まり、情報という観点から「食べ物」「栄養」というものを考えていこうと思います。また、栄養化学をシステムバイオロジーの観点から見つめ直し、システムとしての生命、そしてそれを維持していくための「栄養」が、いかにロバストネス(頑健性)を得るとともに、同時にフラジリティー(脆弱性)となるかについて、糖尿病やインスリン抵抗性を例にして説明していきます。最後に、われわれを取り巻く環境が「足りない」ということにロバストであるが、「満ち足りた」状態には意外と脆弱であるということをコラム的にお話ししたいと思います。
受講料
無料
講座名
農楽入門「DNA鑑別による食材の推定~食の安全・安心にむけて~」
[ 食、生活、子育て ]
講師
東京農業大学 内野昌孝 教授
申込期間
2008年07月01日 ~ 2017年03月31日
講座概要
近年、食の安全・安心に対しての関心が高まっている一方、偽装事件など消費者の意に反した事が続いている。食品の表示に関し、原材料を推定する手段の1種として注目が集まっているのが、DNA鑑別法である。DNA鑑別法は生物(食材)の生命活動に関わる情報源であるDNAの生物間での相違を利用したもので、微量で高感度の検出が特徴で、米の品種判別や肉腫判別などが実用化されている。本講座ではDNA鑑定法について分かりやすく解説を行っています。
受講料
無料
1件~21件を表示