教養・芸術

「近代作家の見た泉鏡花」

講師: 昭和女子大学 日本語日本文学科 吉田 昌志 教授

  • > chapter 1

    チャプターサムネイル
  • > chapter 2

    チャプターサムネイル
  • > chapter 3

    チャプターサムネイル
  • > chapter 4

    チャプターサムネイル
  • > chapter 5

    チャプターサムネイル
  • > chapter 6

    チャプターサムネイル
  • > chapter 7

    チャプターサムネイル
  • > chapter 8

    チャプターサムネイル
  • > chapter 9

    チャプターサムネイル
  • > chapter 10

    チャプターサムネイル

講座詳細

開催団体 昭和女子大学
受講料 無料
備考 泉鏡花は、金沢から上京後、尾崎紅葉の門下となり、日清戦争後に新進作家として登場し、 明治三十年代に文壇の最前線に立って以来、「天才」の名をほしいままにして、多くの読者を 魅了しながら、近代日本の浪漫主義の大道を開きました。この独創無比の個性を、同業の作家 たちはどのように見て、いかなる反応を示したのか。同時代の森鴎外と夏目漱石を取り上げ、 かれらの「まなざし」から鏡花の文学を照らし出してみようと思います。

開催団体

昭和女子大学

受講料

無料

備考

泉鏡花は、金沢から上京後、尾崎紅葉の門下となり、日清戦争後に新進作家として登場し、 明治三十年代に文壇の最前線に立って以来、「天才」の名をほしいままにして、多くの読者を 魅了しながら、近代日本の浪漫主義の大道を開きました。この独創無比の個性を、同業の作家 たちはどのように見て、いかなる反応を示したのか。同時代の森鴎外と夏目漱石を取り上げ、 かれらの「まなざし」から鏡花の文学を照らし出してみようと思います。

教材 教材ダウンロード

別ウィンドウが開きます

こちらもどうぞ

関連タグから探す

  • 文学