トップへ戻る
古い鋸を調べる
[ 教養、文化、芸術 ]

[ 教養、文化、芸術 ]
古い鋸を調べる
日本文化は、木が支えていたともいえる。伝統的な木造建築、漆器の木地、ひのき舞台、浮世絵版木など、こうした木の加工に鋸は欠かせない。エンジンやモーターで動く工具は45年ほど前に出現し、鋸は忘れさられる存在になり、興味をもつ人はいないに等しかった。つまり追求を逃れた領域であった。昔の鋸を知る手掛かりは、文献、絵画、伝世品などの史料に求めることができる。こうした追求の中から見つけた面白い話題を紹介したい。
表示期間  2010年12月01日 ~
※教材は別ウィンドウで開きます。
講座詳細  
ジャンル 東京農業大学
講師 東京農業大学 星野欣也 准教授
先生の紹介

開講期間 2010年12月01日 ~ 2018年03月31日
申込期間 2010年12月01日 ~ 2018年03月31日
受講料 無料
スケジュール こちらの講座は2010年10月7日に開催された農大教養講座の収録を公開しています。
備考 【制作】東京農業大学
【ご注意】本コンテンツは東京農業大学の著作物として登録されており、複製・持ち出し等はできませんので、ご了承下さい。