トップへ戻る
農楽入門「DNA鑑別による食材の推定~食の安全・安心にむけて~」
[ 食、生活、子育て ]

[ 食、生活、子育て ]
農楽入門「DNA鑑別による食材の推定~食の安全・安心にむけて~」
近年、食の安全・安心に対しての関心が高まっている一方、偽装事件など消費者の意に反した事が続いている。食品の表示に関し、原材料を推定する手段の1種として注目が集まっているのが、DNA鑑別法である。DNA鑑別法は生物(食材)の生命活動に関わる情報源であるDNAの生物間での相違を利用したもので、微量で高感度の検出が特徴で、米の品種判別や肉腫判別などが実用化されている。本講座ではDNA鑑定法について分かりやすく解説を行っています。
表示期間  2008年07月01日 ~
※教材は別ウィンドウで開きます。
講座ツール
※ ログインと講座の受講が必要です
講座詳細  
ジャンル 東京農業大学
講師 東京農業大学 内野昌孝 教授
先生の紹介

講座回数 1
開講期間 2008年07月01日 ~ 2017年03月31日
申込期間 2008年07月01日 ~ 2017年03月31日
受講料 無料
備考 【制作】東京農業大学
この講座は農大教養講座として平成20年5月13日に講演された内容を収録し、公開しています。
※※この講座は東京農業大学の著作物として登録されており、複製・持ち出しはご遠慮下さい。