その他

「江戸時代初期の日中文化交流 ~『隠元』というカルチャーショック~」

講師: 21世紀アジア学部 佐野 実

  • > chapter 1

    チャプターサムネイル
  • > chapter 2

    チャプターサムネイル
  • > chapter 3

    チャプターサムネイル
  • > chapter 4

    チャプターサムネイル

講座詳細

開催団体 国士舘大学
受講料 無料
備考 ちゃぶ台や原稿用紙など、我々が日頃慣れ親しんでいる物の多くは、江戸時代初期に鎖国体制下で中国大陸から輸入された。その文化輸入を果たした代表的な人物が、渡来僧・隠元である。本講座では、この隠元による文化輸入の経緯を整理した上で、今日のアジア国際文化交流について考える。

ご協力頂きました諸機関の中に、德川記念財団様を遅ればせながら加えさせて頂きます。まことに失礼いたしました。

※映像中に咳をしている箇所がありますが、緊張によるものです。

※追加参考文献:
神戸市立博物館編
『隠元禅師と黄檗宗の絵画展 特別展隠元禅師生誕400年記念』
(神戸市スポーツ教育公社、1991年)


竹貫勝元『隠元と黄檗宗の歴史』
(法蔵館、2020年)
公開日 2021年 01月15日

開催団体

国士舘大学

受講料

無料

備考

ちゃぶ台や原稿用紙など、我々が日頃慣れ親しんでいる物の多くは、江戸時代初期に鎖国体制下で中国大陸から輸入された。その文化輸入を果たした代表的な人物が、渡来僧・隠元である。本講座では、この隠元による文化輸入の経緯を整理した上で、今日のアジア国際文化交流について考える。

ご協力頂きました諸機関の中に、德川記念財団様を遅ればせながら加えさせて頂きます。まことに失礼いたしました。

※映像中に咳をしている箇所がありますが、緊張によるものです。

※追加参考文献:
神戸市立博物館編
『隠元禅師と黄檗宗の絵画展 特別展隠元禅師生誕400年記念』
(神戸市スポーツ教育公社、1991年)


竹貫勝元『隠元と黄檗宗の歴史』
(法蔵館、2020年)

公開日

2021年 01月15日

こちらもどうぞ

関連タグから探す