トップへ戻る

せたがやeカレッジ

設立趣意書

 
 

少子高齢化の進展をはじめ、情報化、国際化、ライフスタイルの多様化などを背景に、区民の生涯学習ニーズは著しく高まっています。また、経済情勢など社会の変化の中で、学習の目的や学習方法にも変化が見受けられます。
このような中で、世田谷区では、「市民大学」「各種講座」「リカレント学習の推進」等の生涯学習事業に取組み、区内大学、民間カルチャースクールでも独自に各事業を行ってきました。
しかし、平日の日中等に開催されるこれまでの講座には、働き盛り世代・子育て中の世代等のアクセビリティに問題があり、意欲のある学習者に、より広く学習機会の提供が求められています。
一方、各大学は地域に開かれた、より一層魅力にあふれた、特色ある大学づくりに取り組んでいます。そこで、近年著しく普及したインターネットの技術を活用して、新たな生涯学習の講座を開設することといたしました。
区内大学(国士舘大学・駒澤大学・昭和女子大学・東京農業大学の4大学)と世田谷区教育委員会が共同で、「せたがやeカレッジ」を設立し、世田谷の豊かな知識財を、インターネットを通して区民や全国に向けて発信し、文化創造型の新しい学習サービスの創設に取り組みます。意欲があっても各生涯学習事業に参加できない層に、新たな学習機会を提供するとともに、区内大学のブランド力を高め、教える情報・技能・潜在力の発掘、区民コミュニティの振興等を期待しています。
  まず、平成15年度、平成16年度は「せたがやeカレッジ」の有効性や事業性を検証するための実証実験期間とし、その検証を経て本格実施を目指します。 今後は他大学・区内企業・区民等にも働きかけ、運用システムを共同利用することで、インターネットを利用した新しい教育と社会活動のシステム「せたがやeカレッジ」を形づくってまいります。運営母体は、区内4大学と区教育委員会が共同で「せたがやeカレッジ運営委員会」を発足し、官学それぞれの特徴を生かした取り組みを進めてまいります。将来的には区民・事業者にも、その裾野を広げ、世田谷の知と文化情報発信の拠点を目指してまいります。
どうか、本趣旨をご理解いただき、広くご支援をいただくようお願い申し上げます。

  

 平成16年4月1日

せたがやeカレッジ 運営委員会

代表 野 克己