講師

舘 博(たち ひろし)
東京農業大学短期大学部 醸造学科教授

醤油は、海外でも優れた調味料として認知され、その使用量が増加しています。醤油の原料として大豆の他に小麦粉も使われていることや、その種類が5種類もあることなど、醤油については余り知られていないのが現状です。醤油は微生物の発酵作用により多くの機能性物質も含んでいますが、その美味しさで評価されるべきものです。日本人にとって、醤油を使った美味しい和食を食べることが、健康に良いと考えています。

※この講座は、平成29年9月19日に開催された平成29年せたがやeカレッジ公開講座「和食支える醤油」を編集して公開しています。

講義

受講
内容
 当日の配布資料(PDF)
No.1
開講中
 和食を支える醤油@ (約14分)
当日資料のDLはこちら
No.2
開講中
 和食を支える醤油A (約11分)
No.3
開講中
 和食を支える醤油B (約15分)
No.4
開講中
 和食を支える醤油C (約14分)
No.5
開講中
 和食を支える醤油D (約9分)