トップへ戻る
井伊直虎・直政と戦国社会
[ 教養、文化、芸術 ]

[ 教養、文化、芸術 ]
井伊直虎・直政と戦国社会
井伊直虎が後見を務めたとされる井伊直政は、後に徳川四天王の一人として活躍しました。『松平家忠日記』は、家康の一族・松平家忠の自筆日記で、その中には直政に関することも記されています。『松平家忠日記』に見られる直政の記述から戦国武将の日常や合戦の様子などを紹介します。
表示期間  2018年03月11日 ~ 2019年03月31日
※教材は別ウィンドウで開きます。
講座詳細  
ジャンル 駒澤大学
講師 駒澤大学文学部 久保田昌希教授
開講期間 2018年03月11日 ~ 2019年03月31日
受講料 無料
スケジュール こちらは、第38回禅博セミナーとして平成29年11月17日に開催された講座を編集して公開しております。
備考 この講座は 駒澤大学の著作物として登録されております。複製・持ち出し等はご遠慮下さい。