トップへ戻る
これからの税制と税理士の社会的役割
[ 社会、環境、ビジネス ]

[ 社会、環境、ビジネス ]
これからの税制と税理士の社会的役割
この国の社会運営経費や福祉財源は現有勢力たる私たち国民の拠出する税負担に頼るほかない。これまで以上に税社会のあるべき姿を考える必要がありそうだ。 税の専門家である、公器たる税理士がいかなる役回りをすることができるのか。私たち市民は税理士にどこまで期待をすることができるのか、市民目線で考えてみたい。
表示期間  2013年10月05日 ~
※教材は別ウィンドウで開きます。
講座詳細  
ジャンル 国士舘大学
講師 国士舘大学法学部 酒井克彦教授
講座回数 1
開講期間 2013年10月05日 ~ 2018年03月31日
申込期間 2013年10月05日 ~ 2018年03月31日
受講料 無料
スケジュール こちらの講座は平成25年3月30日に国士舘大学で開催された「これからの税制と税理士制度」講座のシンポジウムでの講演を収録、編集して公開しております。
備考 本コンテンツは国士舘大学の著作物として登録されており、複製・持ち出し等はできません。