トップへ戻る
吉田五十八と旧三越シルバーハウス
[ 教養、文化、芸術 ]

[ 教養、文化、芸術 ]
吉田五十八と旧三越シルバーハウス
吉田五十八は日本の昭和を代表する建築家です。岸信介邸や吉田茂邸、中村勘三郎邸といった著名人の邸宅の他、日本芸術院会館や大和文華館などの文化施設を手がけた事で知られています。また、旧三越シルバーハウスは、吉田の最晩年にあたる1972年に完成した作品です。吉田による作品が、年々その数を減らしている今日、駒沢大学が所有する旧三越シルバーハウスは、ますます貴重な存在となっています。今回は、吉田の人柄や作風を交えながら、本作品を詳細にまで踏込んで解説します。
表示期間  2011年05月07日 ~
※教材は別ウィンドウで開きます。
講座詳細  
ジャンル 駒澤大学
講師 大井隆弘(東京芸術大学大学院美術研究科博士課程在籍中)
先生の紹介

講座回数 4
開講期間 2011年05月07日 ~ 2018年03月31日
申込期間 2011年05月07日 ~ 2018年03月31日
受講料 無料