トップへ戻る
農大最先端研究 「遺伝子のチカラ~頭を良くするには?~」
[ 教養、文化、芸術 ]

[ 教養、文化、芸術 ]
農大最先端研究 「遺伝子のチカラ~頭を良くするには?~」
ヒトは約数万の遺伝子を有している。この遺伝子は我々の様々な能力を決定する設計図の役割を果たしており、遺伝子が働くことで我々の日々の活動が可能となっている。現在遺伝子研究が飛躍的に進められており、最後の未知の組織と言われる「脳」に関しても、脳機能と遺伝子との関係が徐々に明らかになりつつある。本講座では、どのような脳の働きにまで遺伝子が影響を及ぼしているかを最新の研究知見を使って解説し、講演者の研究室における実験結果を例にして、頭の良さに対する遺伝子と環境の影響に関しても説明する。このような研究成果をもとに、頭を良くする方法に関して議論します。
表示期間  2008年08月01日 ~
※教材は別ウィンドウで開きます。
講座ツール
※ ログインと講座の受講が必要です
講座詳細  
ジャンル 東京農業大学
講師 東京農業大学 喜田 聡 教授
先生の紹介

講座回数 1
開講期間 2008年08月01日 ~ 2018年03月31日
申込期間 2008年07月22日 ~ 2018年03月31日
受講料 無料
備考 【制作】東京農業大学
この講座は東京農業大学の著作物として登録されております。複製・持ち出しはご遠慮下さい。